ヤマダ矯正歯科ヤマダ矯正歯科お問い合わせヤマダ矯正歯科 ご予約

Tel:0725-22-8558日曜診療あり

交叉咬合(歯の中心が左右にずれている)の症例を大阪のヤマダ矯正歯科のビフォーアフターで紹介!

ヤマダ矯正歯科,矯正治療例

歯並び別治療例 ---あなたの歯並びはどのタイプ??----

叢生乱ぐい歯 上顎前突 下顎前突 開咬 交叉咬合 空隙歯列弓 過蓋咬合 唇顎口蓋裂(保険適応) 顎変形症(保険適応)

交叉咬合(歯の中心が左右にずれている)

矯正治療 交叉咬合

交叉咬合(こうさこうごう)とは、顎が左右いずれかへずれている噛み合わせのことです。

交叉咬合は放置することで、成長期に左右で顎の成長に差が生じ、顔の歪が生じます。
出来る限り早期に治療することをおすすめします。

原因:交叉咬合

  • 遺伝的傾向
  • 不良習癖(指しゃぶり、くちびるを噛んだり吸ったりする癖、ほおづえ、爪噛み、もの噛み)

 

交叉咬合の治療例

 

交叉咬合の治療例

 

交叉咬合の治療例

 

交叉咬合の治療例

 

交叉咬合の治療例

 

交叉咬合の治療例

歯並びチェック

他にも気になる歯並びはございませんか。

矯正治療 叢生 矯正治療 上顎前突 出っ歯 矯正治療 下顎前突 すきっ歯 矯正治療 開咬 矯正治療 交叉咬合 矯正治療 空隙歯列弓 すきっ歯 矯正治療 過蓋咬合


なぜ矯正治療で抜歯が必要?

過度の叢生のある患者様など抜歯せずに歯を並べることは可能なのです。しかし、口元が飛び出て口をとがらした状態になり、正常に口を閉じにくくなることがあるのです。その場合、小臼歯などを抜歯し正常な口元に改善するのです。詳しくはこちら

早期治療がメリットが大きい訳

成長期は、矯正治療においてはすごくメリットがある時期なのです。詳しくはこちら↓

Google Map で院内を見学!

院内探検マップ

ヤマダ矯正歯科 求人情報

編集 編集

↑ PAGE TOP