月: 2017年9月

2017年9月24日大阪歯科大学同窓会ポストグラデュエートコースでの講演

本日、2017年9月24日大阪歯科大学同窓会ポストグラデュエートコースでの講演です。

基本、初心者でもわかるMTM、難症例の見極め方という題名で講義します。

今日の講演の内容は、矯正治療を行う上で大事な不正咬合の難易度についてと早期矯正治療の有用性について症例をとうして講義します。

早期治療の対象である子どもの本当の早期矯正治療の意味は、まさにこの歯並びと顎(アゴ)の不調和を改善することです。悪い噛み合わせが顎骨の偏位を誘導し、成長と共に顎骨の変形をきたすことも少なく無いのです。適切な時期に早期に噛み合わせのコントロールすることで今後おこる第2次成長期に異常な成長発育を予防できる。

そして、後に続く正常な永久歯列の萌出誘導します。

重度であればあるほど早期矯正治療の意味は大きいと言えます。歯並び以上に骨格が顔貌のイメージをつくるとも言われます。

なんらかの問題が残ったなら全体的な矯正治療を行います。

2017年歯科衛生士専門学校講義7

今日の講義は、今までの講義の内容のまとめ矯正歯科治療についてです。現在の歯科矯正臨床について講義します❗️治療時期、症状に分けて講義します。

2017年歯科衛生士専門学校講義6回目

今日の講義は、歯を動かす矯正装置について講義致しました!
可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯の種類、使用方法や利点・欠点などの講義です。

矯正装置には、可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯があり不正咬合、年齢、治療方法、用途によって使い分けます。当然、低年齢の患者には可徹式が使用されることが多いことや、大人の患者様には、固定式のエッジワイズ装置(マルチブラケット装置)中には舌側矯正装置(リンガルアプライアンス)を使用することなど症例を通して解説致しました。また、成長期の患者様には、機能的装置(バイオネーター、FKO、アクチバトール,ビムラーアダプターなど)を使用し、上顎前突や、過蓋咬合患者の成長時期に,顎の成長変化、成長を利用して促進させて顎の前後的関係を改善します。場合には、顎外固定装置(ヘッドギヤー,オトガイ帽装置,上顎前方牽引装置)を使用し、過蓋咬合、上顎前突、下顎前突などの咬合関係を過度の力を利用し骨格の改善を行います。本日は、装置の写真などを見ていただき、実際の症例の治療前後、さらに様々な装置について講義しました。

今日も暑い1日でした!