ヤマダ矯正歯科ヤマダ矯正歯科お問い合わせヤマダ矯正歯科 ご予約

Tel:0725-22-8558日曜診療あり

20代、30代、40代でも出来る矯正治療の流れ

矯正治療の流れ・経過の説明

治療の流れ

初診 カウンセリング

初診カウンセリングでは、悩みや、希望を教えて下さい。

  • 歯並びの気になるとこやどういう口元になりたいかをご相談して下さい。
  • 食事やアゴを動かしたときになどにおこるアゴが痛み、耳の前での音などの悩み。
  • 目立たない装置や非抜歯など治療の希望。
  • 仕事、学校、結婚など、数年の大まかな予定。
  • これらをドクターへ伝え下さい。よく似た矯正治療例を見て頂き治療の方法や治療過程、料金を説明致します。

精密検査(検査のために2回~3回の通院が必要です)

不正咬合の問題の把握をします。

顎関節検査(アゴのずれの検査)

  • 顔の写真
  • 口腔内の写真
  • 歯型の模型の作製
  • レントゲン写真(歯牙、骨格、顎関節)

これらの資料を取り、あらゆる角度から歯並びやかみ合わせの問題点を調べます。

診断

治療の説明 (現在の問題点、使用する装置の説明、実際の患者自身の治療過程)、治療のシミュレーションを行います。

治療を開始する場合、正確な矯正費用、支払い方法の決定を行って頂きます。
※診断の結果、治療時期が早く治療開始を遅らせることもございます。

虫歯のチェック 歯ブラシ指導

矯正治療中は、歯が磨きにくく、汚れがつきやすいので
お口の中を清潔に保っていただけるように、正しいブラッシングの指導をいたします。

歯を動かす治療(1年~2年)

歯に矯正装置をつけ、正常な歯並びとかみ合わせを目指して治療をおこないます。 治療計画に従って進めので1ヶ月~2ヶ月に一度の通院が必要です。

治療終了

治療は終了です。 歯並びと、かみ合わせを維持、安定させるために保定する過程へ進みます。

歯を保定する(約2年)

矯正装置を外し、取り外しのできるリテーナーという保定装置を装着します。 3ヶ月~1年に1回の通院が必要です。

なぜ矯正治療で抜歯が必要?

過度の叢生のある患者様など抜歯せずに歯を並べることは可能なのです。しかし、口元が飛び出て口をとがらした状態になり、正常に口を閉じにくくなることがあるのです。その場合、小臼歯などを抜歯し正常な口元に改善するのです。詳しくはこちら

早期治療がメリットが大きい訳

成長期は、矯正治療においてはすごくメリットがある時期なのです。詳しくはこちら↓

Google Map で院内を見学!

院内探検マップ

ヤマダ矯正歯科 求人情報

編集 編集

↑ PAGE TOP