矯正治療は、歯槽骨内で歯根いわゆる歯が動いてあるべき位置に動かす治療なのです。歯根が動いてきた骨は、密度が低く歯根が本に元に戻ろうとするのです。そのことを後戻り、リラップスと言われています。我々矯正医は、その後戻りをおこさないような工夫をするのです。

 また、患者様は、口腔周囲筋の安定を考えてほしいのです。いわゆる習癖があれば、その除去が必要になります。習癖があれば、その力で歯は動くのです。一番問題としているのが舌癖です。せっかく上顎前突など前方にある歯が内側に移動して口元もキレイになったのに再度前方にかかる力になるのです。すきっ歯になったり、開咬になったりするのです。
 一度MFTを受けられている方は、本当に意識をするだけで大丈夫なのです。