下顎前突( 受け口)の矯正治療方法は、年齢によっても違いがあります。 前歯部(前歯)が反対咬合で低年齢であれば、夜間のみ装着する簡単な取り外しできる装置で治療が出来るのです(前歯の逆被蓋は早期治療がベスト)。実際、反対咬合は早期治療が望ましいですが、患者本人が、治療を受け入れない場合は良い結果が得られないことが多いのです。例えば、3才児の幼児に無理矢理装置を装着してもほとんど装置を装着してもらえなず、協力得られない場合、良い結果が得られないのです。治療の説明を聞け、自分で装置を装着できることが大事なのです。治療を目的にされた装置ならば確実に反対咬合は改善します。反対咬合は、成長期にそのまま放置することで徐々に悪化します(下顎が大きく前方に成長してしまう)。成長期前には、反対咬合を改善する事が望ましいです。下顎の成長が完全に終わり過度に下顎が成長し大きくなりと、上下顎の差が大きくなり、通常の矯正歯科治療だけでは改善できなく、Ope(手術)の併用が必要になるのです。

成長は、徐々にゆっくり成長する時期と、急激に身長・体重の増加のある成長する時期とがあり、その時期を第二成長期といいます。その成長期までには反対咬合を改善する事が望ましいです。

遺伝的要因によってその量に差があります。(成長予測は、セファロ分析、遺伝的問題は、問診票、御両親を観察し予測します)。下顎の成長を予測する事は大事なのです。

反対咬合は、遺伝的要因も大きな原因の一つです。その遺伝的原因もあり、反対咬合を成長期まで放置した場合、将来オペを併用した矯正治療が、必要になる可能性が大きくなります。