タグ: Array

私が講演するセミナーがやっと終わりました(^o^)

2014年9月から2015年2月まで一般歯科医対象に計6回、特に成長期の子供の歯科矯正治療について実習、講義致しました。
成長期の子供の不正咬合は、成長と共に悪化する場合が多く、放置すると不正咬合が更に悪化し歯科矯正治療がより困難になってしまいます。叢生、上顎前突が更に悪化すると、矯正治療する場合、小臼歯抜歯が必要になる可能性がかなり高くなります。また、下顎前突、反対咬合の場合は、手術が必要になる場合があります。不正咬合を発見した段階で治療すると安易に治せる場合があります。そこで、地域に密着している一般歯科医が早期発見できるのですか、未だに歯が生え揃ってから矯正歯科治療しましょうって言っている歯科医が多いのが現実です。だから私のセミナーに参加された先生方は、反対咬合や咬叉咬合はできるだけ早期に改善が必要と理解されていますし、矯正歯科治療の難易度も理解されています。
治療時期については、矯正治療は長期間かかるため治療協力が期待できない幼児は、経過観察にとどめ前歯萌出までになんらかの治療を始めるべきと思います。

一般歯科医に歯科矯正治療教えるセミナーについて

現在、日本矯正歯科学会の矯正専門医として一般歯科医の先生方に矯正治療の難しかと、一般歯科の先生方が出来る矯正歯科治療を伝えています。
一般歯科の先生方が矯正歯科専門医と同じレベルの治療は出来ないのです。
しかし、難易度か低い矯正治療患者ならば、知識と少しの経験でも患者様が満足出来る治療が可能なのです。
私のセミナーでは、矯正治療のテクニックを教えるだけでなく、その矯正治療患者の難易度を一般歯科の先生方が判断、診断出来る方法を身につけていただける講義なのです。よってセミナーを受けられた先生は、自分が出来ない症状を判断できず矯正治療を開始することはないのです。だから安心して矯正治療が受けられるのです。これは大事なことです。