今日の講義は、歯がなぜ動くのか?歯牙移動の不思議をスライドにて講義致します。歯の歯根には歯根膜が存在し、その厚みは0.15~0.40mmといわれています。押される側に歯根膜が圧迫され薄くなり破骨細胞が活発に反応し骨が吸収されます。また、その逆側で歯根膜が牽引され歯根膜が拡大し造骨細胞が骨の添加を起し歯が動きます。

様々な装置、材料を使用し歯にかかる力をコントロールし歯を動します。歯を動かす場合どんな力でも良いわけではありません。強すぎる力では、かえって歯の動きが悪くなり、歯根やその周囲の組織が損傷する恐れがあり、弱すぎると歯が動きません。歯にはそれぞれ適切な力で最大量に移動する力の量があります。そのそれぞれの歯に適した力をoptimum forceといいます。その力の差を利用してそれぞれの歯に力をかけ動きを制限したり調整します。これを差動矯正力といいます。矯正治療が難しいのは、この差動矯正力を理解するのに時間、経験が必要になるためです。