第27回日本成人矯正歯科学会市民公開講座の御案内です

子供の矯正治療、大人の矯正治療について https://www.jaao.jp/27kai/kouza.html

日本成人矯正歯科学会が開催する「子供の矯正治療」、「大人の矯正治療」の市民公開講座の案内です。定員84名限定参加無料です。

日時:2019年6月23日 14:00〜16:00
場所:大阪市中央公会堂 地下1階大会議室
参加費:無料 (84名限定)

顔の骨格、歯など、形態や機能が何らかの原因で異常をきたし、噛み合わせが正常でない状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。最近では歯並びや噛み合わせが健康に影響を及ぼすことが広く認識され、歯の正常な機能を取り戻して健康な身体を作るため、矯正治療に関心を持つ親御様が増えています
 今は治療技術の向上で成人してからでも矯正治療は可能になりました。しかし、お子様の成長・発育に合わせて矯正治療を行う方が結果は効果的であり、状態によっては部分的な矯正治療で不正咬合が治る場合もあります。矯正治療の開始時期については、早期が好ましい場合もあれば、歯の生え替わりや骨格が成長する様子を待ってから行う場合もあります。また、歯並びが悪いと指摘されたにもかかわらず放置すると不正咬合を悪化させてしまうこともありますので、歯科検診の結果も軽視せず注意することが必要です。お子様の不正咬合は、状態により矯正治療を開始するのに適した時期があります。適切な時期に、適切な矯正治療を行えば、不正咬合は負担も少なく治る病気です。
 今回は、不正咬合の原因と予防、小児矯正で行われる部分的な矯正治療について説明したいと思っています。

また、大人の矯正治療においても御講演頂けます。

カテゴリー: 歯科学会関連記事 パーマリンク