2019年の日本成人矯正歯科学会大会大会の大会テーマを次世代の矯正歯科治療(歯科矯正医療における3Dデジタル技術の行方)としました。近年、医療における3Dデジタル技術が急速に発展し様々な医療において活用されてきています。今や3Dデジタルデータは、医療においてはCTがなくてはならない時代となりつつあり、当然、歯科医療においても、補綴やインプラント治療において急速に普及しています。しかし、矯正治療においては、他の医療分野に比べ普及している様には思えません。この様な新しい3Dデジタル技術がどこまで発展しているのか、如何に矯正治療に取り入れられることができるのかを2019年第27回日本成人矯正歯科学会大会にてディスカッションされました!

会場は、大阪市北区、大都市の真ん中に位置し、堂島川と土佐堀川が流れる中之島に大阪市中央公会堂があります。建築は、ネオルネッサンス様式の美しい外観、内装ともに意匠の完成度が高く、国の重要文化財(2002年12月指定)で日本の近代建築史上重要な歴史的建築物でした!