タグ: 下顎前突

歯科矯正治療における下顎前突の治療例を提示

奈良歯科衛生士専門学校講義⑥

今日の講義は、矯正治療に使用する装置についてです。子供の矯正、大人の矯正使用する装置は違います。また、固定装置、可撤式装置様々あります。症例によっても使用する装置が違いがあり、上顎前突の症例には、ヘッドギア-など上顎骨の成長を抑制する装置が使われ、下顎前突には、チンキャップという下顎成長を抑制する装置、また、上顎牽引装置は、上顎骨を前方に牽引する装置などが使われます。また、子供の歯列に問題がある患者には、アクティブプレートなど使用します。

叢生を伴う下顎前突症例

叢生を伴う下顎前突症例
岸和田市在住 初診時年齢14歳の女性、受け口を主訴として来院されました。矯正歯科診断の結果下顎前突と診断しました。
治療期間(動的治療)は2年6ヶ月でした。

ヤマダ矯正歯科 下顎前突 叢生 矯正治療 症例

下顎前突症例

下顎前突症例

開咬を伴う下顎前突の症例です。ブラケットを装着した治療期間は3年2ヶ月でした。 泉大津市在住 男性 初診時年齢7歳
ヤマダ矯正歯科 下顎前突 開咬 リンガルアーチ症例