中国上海似て講演

中国上海にて2月25日”リンガル矯正治療における3Dデジタル環境の臨床的有用性”という演題で講演してきました。

舌側矯正治療においてブラケットの位置を決めるのに重要となる舌側矯正用セットアップ模型の作成は、今まで石膏模型を用いて作成されていました。現在、パソコンの性能の向上、新たなソフトウェアを使用し、私はデジタルデータを使用してパソコン画面でそのセットアップ模型をバーチャルで作成している。ブラケットを配置する全ての過程を画面上でデジタルデータ使用する方法の講演です。

多く矯正医の方が聴講に参加されていました。中国の技術力の吸収、改良の早さはスゴいとも感じました。

カテゴリー: news, 歯科学会関連記事, 舌側矯正治療, 院長のつぶやき パーマリンク

コメントを残す