タグ: 矯正歯科

奈良歯科衛生士専門学校講義③

今日の講義は、正常咬合と不正咬合です。正常咬合がどのようなものか知らなければ不正咬合を理解出来ません。
正常咬合は、歯並びや歯の位置だけでなく、口腔内において機能的環境いわゆる食事、会話などが正常に機能する咬合をいいます。
不正咬合は、正常咬合以外のことをいいます。

衛生士学校講義始まる

5月13日から7月半ばまで歯科矯正学について奈良歯科衛生士学校の講義が始まりました。2年前に教えた生徒が、今年、歯科衛生士国家試験に全員無事合格しました。今年で3年になますが、16単位を講義するのは大変体力がいります。今年も頑張ります(^。^)

叢生を伴う下顎前突症例

叢生を伴う下顎前突症例
岸和田市在住 初診時年齢14歳の女性、受け口を主訴として来院されました。矯正歯科診断の結果下顎前突と診断しました。
治療期間(動的治療)は2年6ヶ月でした。

ヤマダ矯正歯科 下顎前突 叢生 矯正治療 症例

過蓋咬合症例

過蓋咬合矯正症例
西宮市在住 初診時年齢13歳7ヶ月の女性、過蓋咬合の症例です。ブラケットを装着した治療(動的治療)期間は2年7ヶ月でした。
矯正治療終了後3年経過した写真(下段)を見ても変化はあまりありません。ヤマダ矯正歯科 過蓋咬合 矯正歯科治療例

叢生症例

叢生症例
クロスバイトを伴う叢生症例です。ブラケットを装着した治療期間は1年7ヶ月でした。 岸和田市在住 初診時年齢7歳ヤマダ矯正歯科 叢生症例

上下顎前突・叢生症例

上下顎前突・叢生症例
叢生を伴う上下顎前突症例です。ブラケットを装着した治療期間は2年6ヶ月でした。 奈良県在住 初診時年齢18歳ヤマダ矯正歯科 上下顎前突 叢生 症例

下顎前突症例

下顎前突症例

開咬を伴う下顎前突の症例です。ブラケットを装着した治療期間は3年2ヶ月でした。 泉大津市在住 男性 初診時年齢7歳
ヤマダ矯正歯科 下顎前突 開咬 リンガルアーチ症例

肌の保湿とお口の中の潤いのお話

肌の保湿とお口の中の潤いのお話 ヤマダ矯正歯科

肌の保湿とお口の中の潤いのお話

お口の中の潤いケア!
株式会社オーラルケアさんが発売している「お口の中の保湿を補う商品」を紹介します。

 

 


お口の中の水分は60代で半分に…

下図グラフに表されている様に、体内の水分量は30代からガクッと低下します(棒グラフ)。

肌の保湿とお口の中の潤いのお話ヤマダ矯正歯科

高周波数インピーダンス法による日本人の身体組成評価一体脂肪と体水分の年代比較一
広大医誌平12’8月(2000) 48(4)259-266

そのため女性が肌の保湿に気を使うのは、こうした加齢による変化を実感しているからではないでしょうか?

そのくせお口の中の唾液の分泌量(折れ線グラフ)は20代から減っています。

年をとるごとに減少し60歳になれば半分以下になってしまうそうです。

 

 

お口の中も大切に!
残念ながら、肌の老化には気を遣うのにお口の中はほったらかし。
口の中が渇き、食事や会話に不都合を感じて初めて「あれっ?」と思い病院に。
『ドライマウス』と診断されて事の重要性に気づきます。

お口の中の事はやっぱり歯医者さんがしっかりと伝えていかないといけませんね。

株式会社オーラルケアさんが販売している『ウェットキーピンクミスト』http://ocmedical.jp/goods/wkm.html

肌の保湿とお口の中の潤いのお話ヤマダ矯正歯科

株式会社オーラルケアさんが販売している『ウェットキーピンクミスト』

結構『いいね!』かもしれませんね。

デジカメで撮る正確な患者資料のためのワンポイント!

デジカメで撮る最適な患者資料のために

画像の比較

コンパクトデジタルカメラの性能の向上により、
撮影画素数が大きくなりましたがその画素数の大きさが
写真の美しさを決定付ける物ではありません。

矯正歯科治療においては美しい写真はもとより
ピントがあった正確な口腔内写真が必要になってきます。
一枚目の写真は、左右同じ模型を撮影した写真です。

コンパクトデジタルカメラのズーム機能で
同じ条件下でも違った構図になってしまうです。

患者さんの口腔内を忠実に記録する為にも
ズーム機能のちょっとしたヒントをご紹介します。

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

上の写真の様に彎曲して撮影された写真を何度か見たことがあります。

正面側切歯の部分が突出し、
少しハレーションをおこしています。
この画像の彎曲と明るさの原因は
デジタルカメラの「レンズの収差」によるものです。

解説すると難しくなるので省きますが、
解消方法は意外と簡単なのでご紹介します。

デジタルカメラにはズーム機能が必ずついています。
W側とT側でレバーを振り分けるのですが
W側にすると遠くなり、T側にすると近くなります。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

彎曲した画像になる

口腔内を撮影する場合、W側にしたまま
カメラ本体を患者さんに近づけることで
「レンズの収差」が発生し画面が歪んでしまいます。

 

このゆがみを発生させない為に口腔内写真の撮影は
ある一定の距離を保って撮影する様に心がけて下さい。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

距離をある程度保って撮影する

ある程度の光量と画像解像度があれば撮影された写真データを
修正することは可能ですが、歪んだ写真を修整することは無理なのです。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

正常な画像

写真いっぱいに口腔内をできるだけアップで撮影するには、
距離を維持したまま、ズーム機能を使う事によって歪みは解消されます。

欲を言えば三脚で位置を決め撮影すれば
より正確な口腔内を記録することができます。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

最近のデジタルカメラ

最近のカメラは画素数が大きくピントさえ合っていれば
トリミングも可能ですので、
撮影後にkeynoteやパワーポイントで修正するのも良いかもしれませんね。

ヤマダ矯正歯科 

顎変形症患者様への治療ガイドライン

日本口腔外科学会より「顎変形症診療ガイドライン」が出来ています。
かなりまとめられた内容です。

「生きる力」をはぐくむ 学校での歯・口の健康つくり-文部科学省 学校歯科医会-

「生きる力」をはぐくむ  学校での歯・口の健康つくり①

-文部科学省 学校歯科保健参考資料-

ヤマダ矯正歯科 大阪 泉大津 矯正歯科 

「生きる力」をはぐくむ
学校での歯・口の健康つくり

歯列(歯並び)と咬合(咬み合せ)

1)歯列・咬合
成長に伴う変化(一時的な歯列・咬合の不正)
子ども達は発育期にあるため、一時期だけを捉えて歯列や咬合が、「異常」と判断することは困難である。特に小学生の時期は乳歯から永久歯への交換期にあたるため、一時的に歯列不正の状態を呈する。
また、歯の交換期では、上下で噛み合わない歯が存在したりして、一時的に咬合が悪くなる。これらの一時的な歯列や咬合の不正は、誰もが通過する生理的な成長過程である。

① 前歯の交換期
前歯部に空隙があるために、サ行やタ行などの発音(構音)で影響を受けることがある。また、上顎前歯の萌出期は外傷を受けやすいので注意が必要である。食物を飲み込むときに、萌出途上の上下前歯の間に舌を突き出すような癖をつけると、後に述べるが開咬の誘引となることもある。

前歯の交換期の指導:
●安静時、食物を食べている時や食物を飲み込む(嚥下)時には、口唇をしっかり閉じて、鼻で呼吸するように指導する。
●飲み込む時に舌を前に突き出すような癖を付けない。口唇をしっかり閉じるよう指導する。

②臼歯の交換期
噛み合う面積が減少するため食物を細かくする能力(咀嚼機能)が低下する傾向にある。そのため、食事時間が長くなったり、噛み砕かれていないままの食物を丸呑みしてしまったりするなどの食べ方の変化が生じやすい。上下の歯の聞に空隙があるため、咀嚼中に食物が臼歯部の口腔前庭(歯列と頬・唇の間)に入り込みやすい。

臼歯交換期の指導:

●口腔前庭に食物が落ち込まないようにしっかりと口唇を結んで頬をすぼめ気味にして効率の良い咀嚼運動を指導する。
●咀嚼機能が落ちるため、食事に要する時間を長くするような配慮をする。
●丸呑みの習癖にならないように、食事は急がせずに良く噛んで食べるよう注意する。
次回に続く…

ヤマダ矯正歯科 大阪 泉大津 矯正歯科 

「生きる力」をはぐくむ
学校での歯・口の健康つくり

高まる成人矯正歯科治療へのニーズ-日本成人矯正歯科学会 佐藤元彦 理事長-

オトナだって矯正治療をうけられる!
矯正治療は子どもの受ける治療だというイメージは大きく変わり、成人の矯正歯科治療が増加の一途にあります。

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

オトナだって矯正治療をうけられる!

歯の矯正はいま、成人でも可能になり、また成人矯正の大きな問題点であった矯正装置の見た目の問題も医療技術の進歩により矯正装置を歯の裏側に付ける方法、セラミックやグラスファイバーなどの材料を使った目立たない矯正法などが可能となったため、成人にとっても矯正治療はより身近なものとなってきました。

以前は矯正というと子どものうちに行うもの、あるいは審美的な目的で女性が行うものと思われがちでありました。
また日本人は理想的な咬合を持つ割合は少なく、不正咬合の方がとても多いといわれています。特に成人の場合は成長発育のコントロールができないことや、他の疾病を併発していることが多く、総合的治療の必要性に加え、社会環境的制約といった問題多くそのため治療期間が長くなったり、料金も高くなりがちでありました。

歯並びが悪いと全身の健康、顔貌にも影響!
歯並びが悪いと歯磨きがしにくいために、虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなります。咀嚼機能も低下し、顎や頬といった他の部分、顔全体までもゆがんでしまうことがあります。

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

歯並びが悪いと全身の健康、顔貌にも影響!

また、歯並びが悪いとかみ合わせがずれて顎関節症の原因にもなり、さらには肩こりや頭痛、胃腸を悪くするといった、全身の健康にも悪影響を及ぼすことが知られています。

その事がコンプレックスとなり、精神的にもダメージを与えることにつながる場合もあります。日本では八重歯には比較的寛大で、女性の場合はチャームポイントになるといわれていた事もありました。虫歯や歯槽膿漏と違って、すぐ痛みがあるわけではないため、治そうという気持ちが少ないように思われますが、欧米では八重歯など、歯並びの悪いことは不正咬合でもあるため、一種の歯の病気という考えが浸透し、病気なんだから治そうという意識が一般的となってきています。

世界共通の認識として歯並びの良さは美しさの象徴となっています。確かに、歯並びを変えただけで顔の印象は驚くほどに変わるものであります。笑った時の口もとが美しければ相手に対しても良い印象を与えることができ、自分にも自信が持てるようになります。日本人の矯正に対する認識は年々高まってきていますが、欧米に比べるとまだまだ低いのではないでしょうか。

大人が矯正を始めたいけどどうすればいい?

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

オトナが矯正するにはどうすれば…

近所に信頼できる歯医者さんがいればその先生から教えてもらうのが最善ですが、わからない場合は矯正歯科の認定医を調べてみるのも目安のひとつとなります。日本には下記の2つの矯正歯科学会がありますので、ホームページに掲載されている認定医名簿から探すのがベストな選択ではないでしょうか?
 

 

日本成人矯正歯科学会http://www.jaao.jp/  日本矯正歯科学会http://www.jos.gr.jp/

歯の早期喪失を防ぐ為に-社団法人日本歯科医師会発行-

歯の喪失を防ぐ為に ヤマダ矯正歯科

歯の喪失を防ぐ為

歯の喪失を防ぐ為に!

自立して明るく元気に過ごせる生涯の期間を「健康寿命」といいます。
日本人の平均寿命は世界ーですが、生活習慣病によって寝たきりなどになる期間が長く、健康寿命をのばすことが国民一人ひとりの課題となっています。

 

 

 

一方、歯の寿命はどうでしょうか?
28本の永久歯のうち10本以上を失うと、食事や会話などに支障をきたすことが多くなります。
そこで、自分の歯が18本以下になった時点をかりに歯の寿命とすると、日本人の平均は60 歳代後半。

歯をなくしたために食生活などのたのしみを制限される期間が10 年以上におよんでいるのです。

歯の喪失を防ぐ為に ヤマダ矯正歯科

歯肉炎の症状

中高年が歯を失う主な原因は歯周病ですが、その歯周病が糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めることも知られてきました。

歯の寿命が短い人は「健康寿命」も短い、といえそうです。歯周病を防ぎ、健康寿命をのばすため、毎日の歯みがきの習慣を見直しましょう。

歯磨きの回数
1日3回、毎食後すぐに磨くのが理想です。

歯の喪失を防ぐ為に ヤマダ矯正歯科

歯垢の好む場所

歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの境目などに付着する歯垢(プラーク)。歯垢は、食べかすをエサに増える細菌の塊です。歯垢が付着していない衛生的な状態を保つことをプラークコントロールといいますが、その基本となるのが歯みがきです。

歯の喪失を防ぐ為に ヤマダ矯正歯科

ブラッシングについて

歯みがきの回数は1日3回、毎食後すぐが理想ですが、1日1回以下の人が3割にのぼっています。1日3回が無理でも、朝晩は必ずみがきたいものです。唾液には口のなかを中性の環境に保ち、歯周病の原因となる細菌の増殖を防ぐ作用がありますが、夜間の睡眠中はその唾液の分泌が低下します。
夕食後の歯みがきは細菌のエサになる食べかすを残さないために、また、朝食後の歯みがきは細菌が夜間につくる歯垢をきれいにとり除くためにも、ぜひとも必要なのです。

歯ブラシの使い方
こきざみに動かして歯垢をかき出しましょう
歯垢をきれいに落とそうとするあまり、力んでゴシゴシみがくと、みがきのこしができやすく、逆効果。汚れのたまりやすいところを意識して、毛先を軽くあて、横方向にこきざみに
10~30回ずつ動かすのが歯みがきの基本動作です。

歯の喪失を防ぐ為に ヤマダ矯正歯科

歯ブラシについて

歯ブラシは、毛先が歯と歯ぐきなどのすき間に入りやすいように、硬すぎず、ヘッドが小さめのものを。

毛先が開いてしまう前に、1ヶ月に1本を目安に交換することも、みがき残しを減らすコツです。

プラークコントロール+免疫力アップで患者さんのお口を守る!

プラークコントロール+免疫力アップで患者さんのお口を守る!

ヤマダ矯正歯科 プラークコントロールと免疫力アップの相乗効果

矯正治療の患者さんの口腔内には1〜2年の間装置が入っています。

そのため様々な要因がからみ合い、口腔内の環境を悪くしています。歯科衛生士さんによる懸命のブラッシング指導にもかかわらず歯肉炎になってしまう患者さんもおられるのではないでしょうか?

 

 

歯の矯正に免疫細胞が効果的!
現在、歯を矯正するには一方向に力をかけますが、
その際、歯の周囲(歯根の周囲)では歯根膜(歯根を支える組織)や歯肉細胞等の支持組織の破壊がおこり同時に修復と再生を繰り返しています。

この修復と再生に欠かせない細胞外マトリックス(ヒアルロン酸・コラーゲン)の産生を促進しているのが免疫細胞だそうです。

この免疫細胞の機能を高めれば歯の周囲で繰り広げられる修復・再生に体がより対応しやすくなると言われています。

 

ストレスと免疫細胞の関係!
また、免疫細胞は矯正治療におけるストレスに対するケアにも効果が期待できます。
患者さんは口腔内に装置が入っています。
そのため、好きなものを自由に口に出来ない、口元が気になるなど非常に強いストレスを感じておられます。

免疫細胞(免疫力)は、このストレスによって力が軽減されてしまいます。
歯の修復と再生に免疫細胞が有効なのと同じくストレスの軽減のためにも免疫細胞が効果的なのです。

 

矯正治療を受ける患者さんには適切なブラッシング指導と免疫力アップを!
下記イラストのように免疫力を高めるとともにブラッシングも完璧!としていただいた患者さんは口腔内の環境改善、歯周病の予防が大いに期待できます。

ヤマダ矯正歯科 プラークコントロール 矯正歯科治療

プラークコントロールと免疫力アップの相乗効果

ハウスウェルネスフーズ株式会社から販売されている乳酸菌HKL-137はこの免疫力を高める効果が高い素材だそうです。
歯肉の腫れを改善でき、歯の移動に対する効果も期待できる免疫細胞に期待が高まりますね。

詳しくは担当の歯科衛生士・医師にお尋ね下さい。

参考 株式会社オーラルケアhttp://www.oralcare.co.jp/Top/

乳酸菌HKL-137について詳しくは…http://hkl137.jp/

日本人って歯がキタナイ?

日本人って歯がキタナイ?
日本に住む外国人100名を対象にアンケートを行いました。

調査の結果、なんと76%の在日外国人が「日本人は歯ならびが悪い」と感じていることがわかりました。

日本人の歯並びの印象

日本人は歯並びが良いと回答した人はわずか4%にとどまり、多くの外国人が日本人の歯並びの悪さを意識している。

日本人の歯並びの印象
日本人は歯並びが良いと回答した人はわずか4%にとどまり、多くの外国人が日本人の歯並びの悪さを意識している。

 

 

 

 

また、日本・アメリカ・中国の一般男女600名を対象に行ったアンケートでも、矯正治療に前向きなアメリカ・中国に対し日本人は矯正治療に見た目の抵抗感があると答えた人が多いとの結果が出ました。

歯並びは笑顔の印象を左右する

歯並びの重要性については、海外と同様の認識の高さが伺える。身体全体の健康に影響することに関しても、認識が高い。

歯並びは笑顔の印象を左右する
歯並びの重要性については、海外と同様の認識の高さが伺える。身体全体の健康に影響することに関しても、認識が高い。

 

 

 

歯並びの重要性は強い関心があるのですが、矯正装置を付ける事に心理的な抵抗感があったり、外見に対しての抵抗があると感じられました。

日本では歯科医への相談すらも一般的に行われていない実態が明らかに。矯正治療率・治療意向ともに低い。

歯並びについて歯科医への相談経験
日本では歯科医への相談すらも一般的に行われていない実態が明らかに。矯正治療率・治療意向ともに低い。

 

目立たない方がいい!
と考えられている一方で裏側(舌側)矯正や透明のマウスピース矯正に対する認知度はアメリカ・中国の方が大きいとの事。日本でも裏側矯正やマウスピース矯正など日々進歩する矯正治療の正しい情報が一般的に浸透するように積極的に情報提供していきたいものです。

矯正治療中のイメージ

日本人は海外とは対照的に矯正治療にネガティブ。ポジティブな海外と正反対の傾向が見られる。

矯正治療中のイメージ
日本人は海外とは対照的に矯正治療にネガティブ。ポジティブな海外と正反対の傾向が見られる。

 

 

アライン・テクノロジ・ジャパン株式会社J の意識調査より

ヤマダ先生にリンガル(舌側矯正)矯正の講義をして頂きました。

ヤマダ矯正歯科 リンガル(舌側矯正)の実習 ヤマダ先生のレクチャー

リンガル(舌側矯正)の実習

ヤマダ先生にリンガル(舌側矯正)矯正の講義をして頂きました。今回は第2週目になります。
リンガル(舌側)とラビアル(唇側)矯正における矯正ワイヤーの力のかかり具合についてレクチャーして頂きました。〈野々村先生談〉
「目からウロコの体験をさせて頂きました。」とのコメントです。

レントゲンの線量を調べました。

歯科診療で診断にかかわるパノラマレントゲン、CT撮影、デンタルなどの放射線線量を調べました。自然界に発生する放射線量に比べ低い数値が確認出来ました。ヤマダ矯正歯科ではすべての装置をデジタル化しており、より低い線量で診断できる様にしています。

噛む事の大切さを実感して下さい!

噛む事の大切さを実感して下さい!

ヤマダ矯正歯科 学会関連記事

噛む事の大切さを実感して下さい!

私たち人聞が物を噛む時は、最大で体重の2〜3倍の強い力で噛み砕きます。
ところが、現代の食べ物は軟らかい物が多く、口の中に入れるとお粥状態になって、すぐ飲み込めてしまい、噛むという行為自体が無くなってしまいます。

 

 

 

ヤマダ矯正歯科 学会関連記事

噛む事で健康になる

しっかり噛む事は、元気の素!

噛むということには、食べ物を小さくして、胃の消化を助けるという効果もありますが、その前に噛んだという物理的な刺激が歯全体にも加えられ、歯を支えている歯根膜繊維(コラーゲン繊維)からあごの骨に伝達されます。

さらに、顔の筋肉を介して頭全体の骨に伝達され、骨の中にある細胞を圧迫したり、けん引します。こういう状態になると細胞が非常に元気になり、栄養やカルシウムを摂取して、丈夫な密度の高い骨を作り始めます。

つまり、噛むことは顔全体の骨や筋肉を丈夫に育てているのです。

 

 

ヤマダ矯正歯科 学会関連記事

いろいろな食物を噛む事で脳が活性化!

色々食べて脳を活性化!

また、「噛む」という情報は脳にも入力され「これは一体何だろうか」、「どれくらい噛んだら良いか」を、歯触りや硬さなどからすぐに判断します。
そして、「これは間違いなく新鮮なお刺身だ」、「食べても良い」、「コリコリして美味しい」というように脳全体が活力を持って動き出すのです。

さらに、「この食べ物はお袋が作ってくれた物である」とか、あるいは「友達と楽しく食べた」とか、「食べ損なった」とか、喜怒哀楽などの情報も「噛む」という行為の中には入っています。

 

ヤマダ矯正歯科 学会関連記事

暴飲・暴食はもってのほか!

暴飲暴食は厳禁!

噛むということは決して、食べ物を胃に入れるための準備過程ではなく、脳の中枢を介した全身の変化や活力を引き出すための重要な行為であると考えていいと思います。

ですから、2〜3回、ご飯粒に歯型を付けて飲み込むような食べ方ではなく、口の中に入れたら一口30回、しっかり噛むことを目標にしてください。

 

sorce:前日本咀嚼学会理事長 斎藤滋(さいとうしげる)

上顎前突治療例

上顎前突 治療前治療後 初診時年齢14才5が月矯正治療 上顎前突