タグ: ニュース (page 2 of 2)

歯科矯正治療、歯科矯正学に関わる最新ニュースを提供致します。

デジカメで撮る正確な患者資料のためのワンポイント!

デジカメで撮る最適な患者資料のために

画像の比較

コンパクトデジタルカメラの性能の向上により、
撮影画素数が大きくなりましたがその画素数の大きさが
写真の美しさを決定付ける物ではありません。

矯正歯科治療においては美しい写真はもとより
ピントがあった正確な口腔内写真が必要になってきます。
一枚目の写真は、左右同じ模型を撮影した写真です。

コンパクトデジタルカメラのズーム機能で
同じ条件下でも違った構図になってしまうです。

患者さんの口腔内を忠実に記録する為にも
ズーム機能のちょっとしたヒントをご紹介します。

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

上の写真の様に彎曲して撮影された写真を何度か見たことがあります。

正面側切歯の部分が突出し、
少しハレーションをおこしています。
この画像の彎曲と明るさの原因は
デジタルカメラの「レンズの収差」によるものです。

解説すると難しくなるので省きますが、
解消方法は意外と簡単なのでご紹介します。

デジタルカメラにはズーム機能が必ずついています。
W側とT側でレバーを振り分けるのですが
W側にすると遠くなり、T側にすると近くなります。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

彎曲した画像になる

口腔内を撮影する場合、W側にしたまま
カメラ本体を患者さんに近づけることで
「レンズの収差」が発生し画面が歪んでしまいます。

 

このゆがみを発生させない為に口腔内写真の撮影は
ある一定の距離を保って撮影する様に心がけて下さい。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

距離をある程度保って撮影する

ある程度の光量と画像解像度があれば撮影された写真データを
修正することは可能ですが、歪んだ写真を修整することは無理なのです。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

正常な画像

写真いっぱいに口腔内をできるだけアップで撮影するには、
距離を維持したまま、ズーム機能を使う事によって歪みは解消されます。

欲を言えば三脚で位置を決め撮影すれば
より正確な口腔内を記録することができます。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

最近のデジタルカメラ

最近のカメラは画素数が大きくピントさえ合っていれば
トリミングも可能ですので、
撮影後にkeynoteやパワーポイントで修正するのも良いかもしれませんね。

ヤマダ矯正歯科 

矯正用ブラケットでピアス?

矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科バイオデントさんのブラケット『ラディアンス』をピアスにしたものです。

矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科

なんと、純粋なサファイアの単結晶で作られてるそうです。

お洒落のアイテムとして流行するかどうかは…。

 

 

Japan Dental Show 2012が大阪で開催されます!

今秋、恒例の日本デンタルショーが、
2012年11月9日から11日の3日間、大阪市のインテックス大阪で開 催されます。

国内外の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士はもとより歯科医学及び医療に携わる方々に最新の医療器械、材料及び薬品等の展示があります。

歯科業科にとっては大々的なイベントですね!

 

「生きる力」をはぐくむ 学校での歯・口の健康つくり-文部科学省 学校歯科医会-

「生きる力」をはぐくむ  学校での歯・口の健康つくり①

-文部科学省 学校歯科保健参考資料-

ヤマダ矯正歯科 大阪 泉大津 矯正歯科 

「生きる力」をはぐくむ
学校での歯・口の健康つくり

歯列(歯並び)と咬合(咬み合せ)

1)歯列・咬合
成長に伴う変化(一時的な歯列・咬合の不正)
子ども達は発育期にあるため、一時期だけを捉えて歯列や咬合が、「異常」と判断することは困難である。特に小学生の時期は乳歯から永久歯への交換期にあたるため、一時的に歯列不正の状態を呈する。
また、歯の交換期では、上下で噛み合わない歯が存在したりして、一時的に咬合が悪くなる。これらの一時的な歯列や咬合の不正は、誰もが通過する生理的な成長過程である。

① 前歯の交換期
前歯部に空隙があるために、サ行やタ行などの発音(構音)で影響を受けることがある。また、上顎前歯の萌出期は外傷を受けやすいので注意が必要である。食物を飲み込むときに、萌出途上の上下前歯の間に舌を突き出すような癖をつけると、後に述べるが開咬の誘引となることもある。

前歯の交換期の指導:
●安静時、食物を食べている時や食物を飲み込む(嚥下)時には、口唇をしっかり閉じて、鼻で呼吸するように指導する。
●飲み込む時に舌を前に突き出すような癖を付けない。口唇をしっかり閉じるよう指導する。

②臼歯の交換期
噛み合う面積が減少するため食物を細かくする能力(咀嚼機能)が低下する傾向にある。そのため、食事時間が長くなったり、噛み砕かれていないままの食物を丸呑みしてしまったりするなどの食べ方の変化が生じやすい。上下の歯の聞に空隙があるため、咀嚼中に食物が臼歯部の口腔前庭(歯列と頬・唇の間)に入り込みやすい。

臼歯交換期の指導:

●口腔前庭に食物が落ち込まないようにしっかりと口唇を結んで頬をすぼめ気味にして効率の良い咀嚼運動を指導する。
●咀嚼機能が落ちるため、食事に要する時間を長くするような配慮をする。
●丸呑みの習癖にならないように、食事は急がせずに良く噛んで食べるよう注意する。
次回に続く…

ヤマダ矯正歯科 大阪 泉大津 矯正歯科 

「生きる力」をはぐくむ
学校での歯・口の健康つくり

高まる成人矯正歯科治療へのニーズ-日本成人矯正歯科学会 佐藤元彦 理事長-

オトナだって矯正治療をうけられる!
矯正治療は子どもの受ける治療だというイメージは大きく変わり、成人の矯正歯科治療が増加の一途にあります。

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

オトナだって矯正治療をうけられる!

歯の矯正はいま、成人でも可能になり、また成人矯正の大きな問題点であった矯正装置の見た目の問題も医療技術の進歩により矯正装置を歯の裏側に付ける方法、セラミックやグラスファイバーなどの材料を使った目立たない矯正法などが可能となったため、成人にとっても矯正治療はより身近なものとなってきました。

以前は矯正というと子どものうちに行うもの、あるいは審美的な目的で女性が行うものと思われがちでありました。
また日本人は理想的な咬合を持つ割合は少なく、不正咬合の方がとても多いといわれています。特に成人の場合は成長発育のコントロールができないことや、他の疾病を併発していることが多く、総合的治療の必要性に加え、社会環境的制約といった問題多くそのため治療期間が長くなったり、料金も高くなりがちでありました。

歯並びが悪いと全身の健康、顔貌にも影響!
歯並びが悪いと歯磨きがしにくいために、虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなります。咀嚼機能も低下し、顎や頬といった他の部分、顔全体までもゆがんでしまうことがあります。

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

歯並びが悪いと全身の健康、顔貌にも影響!

また、歯並びが悪いとかみ合わせがずれて顎関節症の原因にもなり、さらには肩こりや頭痛、胃腸を悪くするといった、全身の健康にも悪影響を及ぼすことが知られています。

その事がコンプレックスとなり、精神的にもダメージを与えることにつながる場合もあります。日本では八重歯には比較的寛大で、女性の場合はチャームポイントになるといわれていた事もありました。虫歯や歯槽膿漏と違って、すぐ痛みがあるわけではないため、治そうという気持ちが少ないように思われますが、欧米では八重歯など、歯並びの悪いことは不正咬合でもあるため、一種の歯の病気という考えが浸透し、病気なんだから治そうという意識が一般的となってきています。

世界共通の認識として歯並びの良さは美しさの象徴となっています。確かに、歯並びを変えただけで顔の印象は驚くほどに変わるものであります。笑った時の口もとが美しければ相手に対しても良い印象を与えることができ、自分にも自信が持てるようになります。日本人の矯正に対する認識は年々高まってきていますが、欧米に比べるとまだまだ低いのではないでしょうか。

大人が矯正を始めたいけどどうすればいい?

ヤマダ矯正歯科 泉大津 大人の矯正歯科治療

オトナが矯正するにはどうすれば…

近所に信頼できる歯医者さんがいればその先生から教えてもらうのが最善ですが、わからない場合は矯正歯科の認定医を調べてみるのも目安のひとつとなります。日本には下記の2つの矯正歯科学会がありますので、ホームページに掲載されている認定医名簿から探すのがベストな選択ではないでしょうか?
 

 

日本成人矯正歯科学会http://www.jaao.jp/  日本矯正歯科学会http://www.jos.gr.jp/

正しい咬み合わせをめざして!-日本矯正歯科学会パンフレットより-

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

正しい歯並びとは

日本矯正歯科学会会員専用ページからダウンロードが可能になっている
「歯科矯正リーフレット」を使ってみました。

ページ構成は

  1. 正常咬合のページ
  2. 不正咬合のページ
  3. 歯並びチェックシートで構成されています。
ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

正しい歯並びの条件

正常咬合のページ

①前後のバランス
上下顎の大きさのバランスがとれている
前歯は上が下の2㎜程度前方にある
奥歯は1本に対し2本が咬み合っている

②左右のバランス
骨格が左右対称である
上下の前歯の真ん中が一致している
上の歯に下の歯の外側の山が咬み合っている

③上下のバランス
骨格的に上下の長さのバランスがとれている
上と下の前歯が2㎜程度重なっている

④スペース
歯が一列に並んでいる
歯が重なっているところや、すき間がない

となっています。ある程度のバランスがとれているならば(①から④まですべて兼ね備えている必要はない)正常咬合と判断しても構わないのではと思います。

不正咬合のページ
正常咬合と不正咬合をわかりやすく比較するために
①前後のバランス
②左右のバランス
③上下のバランス
④スペース、に分けていますので患者さんがセルフチェックしやすいと思います。

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

上顎前突・下顎前突

①前後のバランス
一般に、出っ歯や受け口と呼ばれています。上下の顎の大きさといった骨格的なバランスに問題がある場合と、前歯の傾きといった歯の並び方に問題がある場合があります。6歳臼歯の咬み合わせのずれがどの程度あるかということも、治療法を左右する要素です。習癖が原因で起こる場合もあります。

 

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

交叉咬合・鋏状咬合

②左右のバランス
骨格や歯の咬み合わせが左右どちらかにずれています。骨格のずれがなくても、咬み合わせのズレを放置していると、骨格がズレてくる事が多いので、早めに治療が必要です。交叉咬合は、下の歯が上の歯の外側に出ている咬み合わせの事で、逆に鋏状咬合は、下の歯が上の歯の内側に入っている咬み合わせの事です。

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

過蓋咬合・開咬

③上下のバランス
咬み合わせが深いことを過蓋咬合、上下の歯の間にスペースがあいていることを開咬といいます。いずれの場合も、習癖が関与している場合が多く見られます。特に、開咬は舌癖や口呼吸など、機能の異常によって増悪しますので、咬み合わせを治すのと同時に、機能の改善が必要な場合が多いです。

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

不正咬合・叢生

④スペース
顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれていない状態です。顎の大きさに比べて歯の並ぶスペースがなく、歯がガタガタしていることを叢生、逆にスペースが余っている事を空隙歯列といいます。前歯と6歳臼歯がはえると、永久歯が並ぶのにどの位スペースが足りていないかを予測をする事ができます。

 

歯並びチェックシート
この様に比較対象がわかりやすく記載されているのに加えセルフチェックシートも掲載されています。患者さん自身がパンフレットを見てチェックシートに記入して頂ければ良い診療につなげる事が出来るのではないでしょうか?

ヤマダ矯正歯科 正しい歯並びの条件 日本矯正歯科学会

歯並びセルフチェックシート

 

 

 

 

 

source:日本矯正歯科学会http://www.jos.gr.jp/

プラークコントロール+免疫力アップで患者さんのお口を守る!

プラークコントロール+免疫力アップで患者さんのお口を守る!

ヤマダ矯正歯科 プラークコントロールと免疫力アップの相乗効果

矯正治療の患者さんの口腔内には1〜2年の間装置が入っています。

そのため様々な要因がからみ合い、口腔内の環境を悪くしています。歯科衛生士さんによる懸命のブラッシング指導にもかかわらず歯肉炎になってしまう患者さんもおられるのではないでしょうか?

 

 

歯の矯正に免疫細胞が効果的!
現在、歯を矯正するには一方向に力をかけますが、
その際、歯の周囲(歯根の周囲)では歯根膜(歯根を支える組織)や歯肉細胞等の支持組織の破壊がおこり同時に修復と再生を繰り返しています。

この修復と再生に欠かせない細胞外マトリックス(ヒアルロン酸・コラーゲン)の産生を促進しているのが免疫細胞だそうです。

この免疫細胞の機能を高めれば歯の周囲で繰り広げられる修復・再生に体がより対応しやすくなると言われています。

 

ストレスと免疫細胞の関係!
また、免疫細胞は矯正治療におけるストレスに対するケアにも効果が期待できます。
患者さんは口腔内に装置が入っています。
そのため、好きなものを自由に口に出来ない、口元が気になるなど非常に強いストレスを感じておられます。

免疫細胞(免疫力)は、このストレスによって力が軽減されてしまいます。
歯の修復と再生に免疫細胞が有効なのと同じくストレスの軽減のためにも免疫細胞が効果的なのです。

 

矯正治療を受ける患者さんには適切なブラッシング指導と免疫力アップを!
下記イラストのように免疫力を高めるとともにブラッシングも完璧!としていただいた患者さんは口腔内の環境改善、歯周病の予防が大いに期待できます。

ヤマダ矯正歯科 プラークコントロール 矯正歯科治療

プラークコントロールと免疫力アップの相乗効果

ハウスウェルネスフーズ株式会社から販売されている乳酸菌HKL-137はこの免疫力を高める効果が高い素材だそうです。
歯肉の腫れを改善でき、歯の移動に対する効果も期待できる免疫細胞に期待が高まりますね。

詳しくは担当の歯科衛生士・医師にお尋ね下さい。

参考 株式会社オーラルケアhttp://www.oralcare.co.jp/Top/

乳酸菌HKL-137について詳しくは…http://hkl137.jp/

日本人って歯がキタナイ?

日本人って歯がキタナイ?
日本に住む外国人100名を対象にアンケートを行いました。

調査の結果、なんと76%の在日外国人が「日本人は歯ならびが悪い」と感じていることがわかりました。

日本人の歯並びの印象

日本人は歯並びが良いと回答した人はわずか4%にとどまり、多くの外国人が日本人の歯並びの悪さを意識している。

日本人の歯並びの印象
日本人は歯並びが良いと回答した人はわずか4%にとどまり、多くの外国人が日本人の歯並びの悪さを意識している。

 

 

 

 

また、日本・アメリカ・中国の一般男女600名を対象に行ったアンケートでも、矯正治療に前向きなアメリカ・中国に対し日本人は矯正治療に見た目の抵抗感があると答えた人が多いとの結果が出ました。

歯並びは笑顔の印象を左右する

歯並びの重要性については、海外と同様の認識の高さが伺える。身体全体の健康に影響することに関しても、認識が高い。

歯並びは笑顔の印象を左右する
歯並びの重要性については、海外と同様の認識の高さが伺える。身体全体の健康に影響することに関しても、認識が高い。

 

 

 

歯並びの重要性は強い関心があるのですが、矯正装置を付ける事に心理的な抵抗感があったり、外見に対しての抵抗があると感じられました。

日本では歯科医への相談すらも一般的に行われていない実態が明らかに。矯正治療率・治療意向ともに低い。

歯並びについて歯科医への相談経験
日本では歯科医への相談すらも一般的に行われていない実態が明らかに。矯正治療率・治療意向ともに低い。

 

目立たない方がいい!
と考えられている一方で裏側(舌側)矯正や透明のマウスピース矯正に対する認知度はアメリカ・中国の方が大きいとの事。日本でも裏側矯正やマウスピース矯正など日々進歩する矯正治療の正しい情報が一般的に浸透するように積極的に情報提供していきたいものです。

矯正治療中のイメージ

日本人は海外とは対照的に矯正治療にネガティブ。ポジティブな海外と正反対の傾向が見られる。

矯正治療中のイメージ
日本人は海外とは対照的に矯正治療にネガティブ。ポジティブな海外と正反対の傾向が見られる。

 

 

アライン・テクノロジ・ジャパン株式会社J の意識調査より

ヤマダ先生にリンガル(舌側矯正)矯正の講義をして頂きました。

ヤマダ矯正歯科 リンガル(舌側矯正)の実習 ヤマダ先生のレクチャー

リンガル(舌側矯正)の実習

ヤマダ先生にリンガル(舌側矯正)矯正の講義をして頂きました。今回は第2週目になります。
リンガル(舌側)とラビアル(唇側)矯正における矯正ワイヤーの力のかかり具合についてレクチャーして頂きました。〈野々村先生談〉
「目からウロコの体験をさせて頂きました。」とのコメントです。

レントゲンの線量を調べました。

歯科診療で診断にかかわるパノラマレントゲン、CT撮影、デンタルなどの放射線線量を調べました。自然界に発生する放射線量に比べ低い数値が確認出来ました。ヤマダ矯正歯科ではすべての装置をデジタル化しており、より低い線量で診断できる様にしています。

歯科衛生士専門学校でプレゼンをします!

歯科衛生士専門学校でプレゼンをします!

ヤマダ矯正歯科 歯科衛生士専門学校でプレゼンします

歯科衛生士専門学校でプレゼンします!

歯科衛生士のゆりちゃんが歯科衛生士の専門学校で矯正歯科医院における歯科衛生士の役割をプレゼンすることになりました。

 

 

 

 

今日はプレゼンのプレゼンで、ヤマダ矯正歯科スタッフを相手に講演しています。

ヤマダ矯正歯科 歯科衛生士専門学校でプレゼンします

スタッフでプレゼンを聴講します。

ヤマダ矯正歯科 歯科衛生士専門学校でプレゼンします
院長チェック!

ヤマダ矯正歯科 歯科衛生士専門学校でプレゼンします
製作資料を見直し中!

 

写真からも、院長の目線が気になるのか少し緊張してる様子がうかがえます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ一同応援していますので頑張ってね!

 

 

 

 

 

 

貴方が思う理想的な歯並びはどれ?

 

ヤマダ矯正歯科 歯並び 矯正 

理想の歯並びA

ヤマダ矯正歯科 理想の歯並びの写真

理想の歯並びB

ヤマダ矯正歯科 理想の歯並びの写真

理想の歯並びC

上の3つの写真のうちどの写真の歯が理想的な
歯ならびだと思いますか?

正解はAの写真です。

ヤマダ矯正歯科 理想の歯並び

理想の歯並びは上下の歯がしっかりとかみ合っています。

上の歯が下の歯にしっかり咬み込んでいるのが
理想的な歯ならびと言われています。

  • 説明
A 上の歯が下の歯にしっかり噛み合っています。前後の隙間もなく、しっかりしています。
  • 説明B 上の歯、下の歯ともに前後の位置的にはあっていますが、完璧とはいえません。
  • 説明C 上の歯も下の歯も、うまく噛み合っていません。

上記A,B,C の写真は日本矯正歯科学会の審査において、実際におこなわれる判定項目のひとつです。
矯正歯科のプロフェッショナルである、専門医とは、このような厳しい審査を受けさらに豊富な臨床経験を積んだ歯科矯正医のみに与えられるものなのです。

参考資料→http://www.jos.gr.jp/nintei/index.html

大阪府泉大津市のヤマダ矯正歯科院長の山田です。

これから、たくさんの患者様に矯正治療例を見ていただきこれから矯正治療を始める方や、現在矯正治療を受けられている方々に少しでも多くの情報を発信できたらと思います。下記ホームページも見てください。

ヤマダ矯正歯科 http://www.yamada-ortho.com/