月別: 2012年10月

嚥下体操で健康に!

ヤマダ矯正歯科 嚥下体操のイラスト

嚥下体操で健康に

嚥下体操で健康に!

大阪府歯科医師会が2006年6月に発行した『歯の新聞』から
おもしろい記事がありましたのでご紹介します。

虚弱・寝たきりで要介護の高齢者などは、
食べ物を飲み込んだりはき出したりする
『嚥下反射』が衰えてくるそうです。

 

 

症状としては…

咳が出にくくなり、
気管の中の異物を外に出す事が出来なくなります。
最悪は肺炎に至るそうです。

体操はこのように…

ヤマダ矯正歯科 嚥下体操のイラスト

嚥下体操

ヤマダ矯正歯科 嚥下体操のイラスト
吹く力をきたえる体操

ヤマダ矯正歯科 嚥下体操のイラスト
唇と首のマッサージ

※注意事項
①一日3回食前におこないます。
②鏡の前で確認しながら一つの動作を5〜10回ぐらいするのが良いそうです。
③体調が悪いときは無理をしないように気をつけましょう。
(大阪歯科大学高齢者歯科学講座教授の小林裕先生のお話です)

デジカメで撮る正確な患者資料のためのワンポイント!

デジカメで撮る最適な患者資料のために

画像の比較

コンパクトデジタルカメラの性能の向上により、
撮影画素数が大きくなりましたがその画素数の大きさが
写真の美しさを決定付ける物ではありません。

矯正歯科治療においては美しい写真はもとより
ピントがあった正確な口腔内写真が必要になってきます。
一枚目の写真は、左右同じ模型を撮影した写真です。

コンパクトデジタルカメラのズーム機能で
同じ条件下でも違った構図になってしまうです。

患者さんの口腔内を忠実に記録する為にも
ズーム機能のちょっとしたヒントをご紹介します。

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

画像の比較(彎曲した口腔内写真)

上の写真の様に彎曲して撮影された写真を何度か見たことがあります。

正面側切歯の部分が突出し、
少しハレーションをおこしています。
この画像の彎曲と明るさの原因は
デジタルカメラの「レンズの収差」によるものです。

解説すると難しくなるので省きますが、
解消方法は意外と簡単なのでご紹介します。

デジタルカメラにはズーム機能が必ずついています。
W側とT側でレバーを振り分けるのですが
W側にすると遠くなり、T側にすると近くなります。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

彎曲した画像になる

口腔内を撮影する場合、W側にしたまま
カメラ本体を患者さんに近づけることで
「レンズの収差」が発生し画面が歪んでしまいます。

 

このゆがみを発生させない為に口腔内写真の撮影は
ある一定の距離を保って撮影する様に心がけて下さい。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

距離をある程度保って撮影する

ある程度の光量と画像解像度があれば撮影された写真データを
修正することは可能ですが、歪んだ写真を修整することは無理なのです。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

正常な画像

写真いっぱいに口腔内をできるだけアップで撮影するには、
距離を維持したまま、ズーム機能を使う事によって歪みは解消されます。

欲を言えば三脚で位置を決め撮影すれば
より正確な口腔内を記録することができます。

デジカメで撮る最適な患者資料のために

最近のデジタルカメラ

最近のカメラは画素数が大きくピントさえ合っていれば
トリミングも可能ですので、
撮影後にkeynoteやパワーポイントで修正するのも良いかもしれませんね。

ヤマダ矯正歯科 

矯正用ブラケットでピアス?

矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科バイオデントさんのブラケット『ラディアンス』をピアスにしたものです。

矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科矯正用ブラケットでピアス? ヤマダ矯正歯科

なんと、純粋なサファイアの単結晶で作られてるそうです。

お洒落のアイテムとして流行するかどうかは…。

 

 

Japan Dental Show 2012が大阪で開催されます!

今秋、恒例の日本デンタルショーが、
2012年11月9日から11日の3日間、大阪市のインテックス大阪で開 催されます。

国内外の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士はもとより歯科医学及び医療に携わる方々に最新の医療器械、材料及び薬品等の展示があります。

歯科業科にとっては大々的なイベントですね!

 

トリートメントケアでむし歯になりにくいツルツルの歯に!

歯の表面は一見滑らかに見えても拡大してみると
下図の様にキズがついていることがあります。

このキズに汚れがたまって着色しているように見えるのです。

歯はとても繊細なため
ブラッシンクやお食事の時にもキズがついてしまう事があります。

トリートメントケアとは
歯と同じ成分のハイドロキシアパタイトの
小さな粒子が入っている専用ペーストを使い、
歯の表面のキズを修復し滑らかにすることができます。

滑らかな歯には汚れや着色がつきにくいですし、
透明感のある白さと輝きも出てきます。

それに、歯自体も強くなっていくので、
今まで以上にむし歯の心配もなくなります。

トリートメント前 ヤマダ矯正歯科 トリートメント直後 トリートメント一ヶ月後
 上の写真はトリートメントケアの実際です。左から…
①トリートメントケア前
②トリートメントケア直後
③トリートメントケア一ヶ月後の写真です。
比較して見て頂けると効果がわかります。

定期的なトリートメントケアでむし歯になりにくいツルツルの歯に!

ヤマダ矯正歯科では患者様にトリートメントケアをお勧めしています。
詳しくはオフィシャルホームページ、もしくはスタッフまでお問い合わせ下さい。
オフィシャルホームページ→http://www.yamada-ortho.com/

トリートメントケアペーストなどの商品について内容成分や詳しい事は
こちらから→株式会社オーラルケア OralCare.Inc