カテゴリー: 歯科学会関連記事

矯正歯科・一般歯科の学会関連の記事から抜粋したものを掲載します。

歯科学会関連記事

2018年衛生士学校講義5回目

本日、豪雨です😓 本日の講義は、前回の講義の続きとなり矯正治療の診断です。 矯正治療に重要なセファロ分析です。当然、矯正治療の判断で重要な抜歯、非抜歯を決定する重要な計測、診断の講義です。 セファログラム …

歯科学会関連記事

2018年衛生士学校講義4回目

2018年 7月2日、衛生士学校講義4回目、本日の講義は、矯正治療における資料採得の意義と採得方法、セファロ分析を含め歯科矯正治療診断についてです。 まず、矯正歯科治療の対象になる不正咬合状態を確認し各資料(セファロ、パ …

歯科学会関連記事

2018年衛生士学校講義3回目

本日は、常咬合と不正咬合とその原因についての講義です。不正咬合とは、個々の歯のズレや上下顎の前後的、左右的ズレある状態を言います。不正咬合は、正常な機能(咀嚼、呼吸、発音)ができないか、将来機能の低下を起こす可能性がある …

news, 歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2018年衛生士学校講義2回目

前回講義中プロジェクターが壊割れるというアクシデントがありましたが、学生達の協力で無事講義もできました! 本日の講義は成長・発育についてです。 成長は、大きさの増加を示し、発達は成熟に至る形態と機能の変化を意味し、発育は …

news, 歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2018年衛生士専門学校講義始まる!

2018年6月7日今日午後より、大阪市内にある歯科衛生士専門学校の講義を行います。 講義の内容は、まず歯科矯正治療がなぜ必要なのか、歯科矯正治療ってどんなんものか、治療の有用性などの概論、歯科矯正治療にどのような装置を使 …

歯科学会関連記事

歯科矯正治療における3D環境の重要性についての講演

2017年12月30日に歯科矯正治療における3D環境の重要性について講演致しました。 年末ギリギリでも多くの受講の先生方が来られ驚きました! やはり、矯正治療に関わる先生皆3D環境の代表のオーラルスキャナに興味を持たれて …

歯科学会関連記事

2017年10月講演

矯正歯科医療における3D環境の重要性 これまで、矯正治療の診断を行う場合、術前のセファログラム、他のさまざまなX線画像や石膏模型から分析を行い治療計画を立案していた。しかし、実際はそのセファログラムは1.1倍拡大された2 …

歯科学会関連記事

2017年9月24日大阪歯科大学同窓会ポストグラデュエートコースでの講演

本日、2017年9月24日大阪歯科大学同窓会ポストグラデュエートコースでの講演です。 基本、初心者でもわかるMTM、難症例の見極め方という題名で講義します。 今日の講演の内容は、矯正治療を行う上で大事な不正咬合の難易度に …

歯科学会関連記事

2017年歯科衛生士専門学校講義6回目

今日の講義は、歯を動かす矯正装置について講義致しました! 可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯の種類、使用方法や利点・欠点などの講義です。 矯正装置には、可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯があり不正咬合、年齢、治療方法、用途に …

歯科学会関連記事

本日、歯科衛生士専門学校矯正学講義

今日の講義は、歯がなぜ動くのか?歯牙移動の不思議をスライドにて講義致します。歯の歯根には歯根膜が存在し、その厚みは0.15~0.40mmといわれています。押される側に歯根膜が圧迫され薄くなり破骨細胞が活発に反応し骨が吸収 …

歯科学会関連記事

成人矯正歯科学会参加

2017年6月24日 東京お台場近くのビックサイトにて第25回日本成人矯正歯科学会大会が、2日間開催されています。今回のテーマは、”チーム歯科医療の現状と未来”です。 成人矯正歯科治療における咬合 …

歯科学会関連記事

日本歯科矯正技工研究会の特別講演

本日、2017年6月17日 日本歯科矯正技工研究会の特別講演です。過去、現在の歯科矯正治療に使う装置の説明、使い方、そして、現在ヤマダ矯正歯科にて実際使われている未来的な3Dデジタル矯正治療について講演いたしました。 & …

歯科学会関連記事

2017年6月 歯科衛生士専門学校講義3回目

本日は、常咬合と不正咬合についての講義です。不正咬合とは、個々の歯のズレや前後的、左右的ズレある状態を言います。正常な機能(咀嚼、呼吸、発音)ができないか、将来機能の低下を起こす可能性がある状態を言います。不正咬合の種類 …

歯科学会関連記事

2017年歯科衛生士専門学校歯科矯正学講義2回目

2017年衛生士学校講義2回目、本日の講義は成長・発育についてです。 成長は、大きさの増加を示し、発達は成熟に至る形態と機能の変化を意味し、発育は、成長と発達の両方の意味を示します。顎顔面の成長の時期を知ることは、歯科矯 …

news, 叢生(乱杭歯), 大人の矯正治療, 子供の矯正治療, 歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

歯科衛生士専門学校講義始まる!

2017年6月1日今日午後より、歯科衛生士専門学校の講義を行います。 昨年まで奈良県の衛生士専門学校にて講義をしておりましたが本年より大阪府の衛生士専門学校にて講義致します。講義の内容は、初めての学校で初回なんで、まず歯 …

歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

歯科衛生士専門学校最終講義

一昨年教えた学生全員が今年3月卒業します。そして卒業前、3月5日に国家試験を受けるます。今年も全員合格すると信じて、本日最終講義として国家試験対策講義を行います。歯科矯正学を復習も兼ねて幅広く全体的に講義する予定です。内 …

歯科学会関連記事

2016年 歯科衛生士専門学校二年生の最終講義

本日の衛生士専門学校の講義は、歯科衛生士の一般的業務と矯正歯科医院での業務の違いを現役衛生士さんに講義していただきます。その他歯科矯正に関わる資料採得、MFTなどの実習も行う予定です。

歯科学会関連記事

2016年衛生士学校歯科矯正学講義6回目

今日の講義は、歯を動かす矯正装置について講義致します。 可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯の種類、使用方法や利点・欠点など詳しく講義する予定です。 矯正装置には、可徹式矯正装置・固定式矯正装置歯があり不正咬合、年齢、治療方 …

歯科学会関連記事

2016年衛生士学校歯科矯正学講義5回

今日の講義は、歯がなぜ動くのか?歯牙移動の不思議を講義致します。 歯の歯根には歯根膜が存在し、その厚みは0.15~0.40mmといわれています。押される側に歯根膜が圧迫され薄くなり破骨細胞が活発に反応し骨が吸収されます。 …

news, 歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2016年衛生士学校歯科矯正学講義4回目

2016年 歯科と衛生士学校講義4回目、本日の講義は、矯正治療における資料採得、セファロ分析を含め歯科矯正治療の診断についてです。 まず、矯正歯科治療の対象になる不正咬合状態を確認し各資料(セファロ、パノラマ、CTなど) …

news, 歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2016年衛生士学校講義3回目

本日の講義は、正常咬合と不正咬合についてです。まず、矯正歯科治療の対象になる不正咬合を知る前に何が正常咬合かを知ることが大事です。正常咬合は、正常な機能(咀嚼、呼吸、発音)ができることは当然であり、そして、個々の歯の並び …

歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2016年歯科衛生士専門学校歯科矯正学講義2回目

2016年衛生士学校講義2回目、本日の講義は成長発育についてです。 成長は、大きさの増加を示し、発達は成熟に至る形態と機能の変化を意味し、発育は、成長と発達の両方の意味を示します。顎顔面の成長の時期を知ることは、歯科矯正 …

歯科学会関連記事, 院長のつぶやき

2016年歯科衛生士専門学校の歯科矯正学講義開始!

2016年6月16日今日午後より、歯科衛生士専門学校の講義を行います。講義の内容は、初回なんで、まず歯科矯正治療がなぜ必要なのか、歯科矯正治療ってどんなんものか、治療の有用性などの概論、歯科矯正治療がどんな装置を使う治療 …